重要視すべきは子供の未来

塾の場合にかかる費用

子供の未来を左右することとして、子供の学力はもちろんですが見た目の問題も放置できません。
幼い頃に矯正することで、将来子供が自分の思う通りの人生を歩むことができるのなら、親とすれば幼いうちにできることはしてあげたいと思うものです。
費用面からどちらが優先すべきかを検証します。
まず塾について。
文部科学省が過去に行った調査によると、中・高校生の6割から7割の学生は、塾や何らかの学力サポートを受けていることが明らかになっています。
学校だけで勉強を進めているというのは全体の半分よりも少ないということです。
平均的な学力を求めるなら、塾は効率的ともいえる結果です。
またその塾にかかる費用ですが、年間25万円から35万円が平均であり、月額では2万円前後の費用が塾にかかっているようです。

歯科矯正でかかる費用とは

歯科矯正の費用面ですが、永久歯が生える前と生えそろってからでかかる費用が異なります。
早く始めればその分費用がかかります。
乳歯の頃から矯正を行うことできれいな歯列を手に入れることもできます。
一般的に乳歯時期の費用の相場は10万円から高額な場合で50万円程だと言われています。
永久歯が生えそろってから始める歯科矯正の相場は20万円から50万円です。
高額になると100万円という場合もあります。
子供の歯列矯正にかかる期間は、大人に比べて比較的短いと言われています。
おおむね2年程度の期間で矯正が進みます。
塾の場合には中・高校生となれば通算6年間かかります。
一方歯科矯正の場合、個人差はあれどもおおむね2年間。
一見数字的には歯科矯正の方が高額に見えますが、短期間で済むことを踏まえれば塾よりもお得と言えます。


みんなにシェア

B!