子供の心身への影響は

塾がもたらす影響

塾に通い学力向上を目指すお子さんは多くいます。
塾の選び方も子供の学力に大きな影響をもたらすものでもあります。
例えば周囲の友人と同じ塾に通わせる。
一見、子供の通いやすい環境に見えますが、遊び友達と一緒の塾で集中して勉強できると回答した子供は少ないものだったそうです。
集中できない場合、子供が学習に興味を持つ塾であることが優先事項となるでしょう。
しかし、ここにも問題点があります。
周囲の子どもと違う塾に通うことで、子供を取り巻く環境が変わる可能性があります。子供たちは子供たちなりの社会を築いており、親の意向を最優先して塾を選ぶと、その社会にひずみをきたす可能性があるのです。
塾を選ぶという何気ない選択でも、子供の未来を様々な角度から変えてしまう可能性を踏まえなければなりません。

歯科矯正がもたらす影響

子供の歯列は、子供時代だけでなく大人になってからも、その人となりを左右する大きなポイントになるもの。歯列にコンプレックスを持つと笑顔を作りづらく、また人と接することも抵抗を感じる可能性にも発展します。
とくに矯正はなるべく早く行う方が良いと言われるのは、矯正の際の器具に抵抗を持つ可能性があるから。思春期の子供の歯に器具が装着されると、自我を意識し始めた子供には大きな抵抗となり、装着に対する影響を考慮しなければならなくなってしまいます。
ただ矯正の期間はおおむね2年。長くても3年程度で矯正の効果が出ると言われています。子供のうちに歯列矯正を行うことで、大人になっても歯列のコンプレックスを抱えずに済むなど、見た目への影響で大きなメリットがあるといえます。


みんなにシェア

B!