塾と歯科矯正を選ぶ際には

最優先するべきは塾か歯科矯正か

塾と歯科矯正のどちらにするべきか。
まずは現在の優先度に注目しましょう。
どうしても今すぐ成績を上げなければならない等の事情があるなら塾を優先すべきです。
ただし、どちらも必要であると考えるならば、成長過程で見た目への影響が早期に出るのは歯科矯正です。
歯科矯正の場合、幼いうちに実施する方がその影響が早く出ます。
加えて見た目等の面でもコンプレックスを作らないなど、お子さんの内心的問題への影響も少ないのです。
幼いうちからでも芽生えてしまったコンプレックスはなかなか払しょくできないことがあります。
とくに周囲の子と自分との違いに気付いてしまうと、歯並びを矯正するまでコンプレックスを拭いきれません。
お子さんの心にコンプレックスを抱かせる前に、気になる歯科矯正を行う方が、その後の影響も少なくて済むのです。

歯は一生に影響する

歯列矯正は人生に大きな影響をもたらすことがあります。
見た目の問題ももちろんですが、それ以外の面でも影響します。
例えば噛み合わせや咀嚼、喋り方も歯列が影響しています。
滑舌よく話すことができるのは、正しい位置に歯が並んでいるからです。
また健康な体を保つためにも噛み合わせは重要です。
大人の永久歯に生え変わった後は、その歯で私たちは一生を向かえます。
歯並びは一生ものだと言っても過言ではありません。
子供のうちに出来上がった歯並びが大人になってもそのままです。
年齢を重ねて加齢が気になる年頃に少しずつ変化することはあっても基本的には変わりません。
危険なのは、揃っていない歯並びの場合に虫歯や歯周病を引き起こし、歯が抜け落ちてしまう原因を作る可能性があることです。
健康なお口を保つ環境を作ることは、親が子に与えられる一生にかかわる素敵なプレゼントと言えます。


みんなにシェア

B!